販促品は使う人の視点で

販促品は使う人の視点で 販促品というと、気の利いたものとか、トレンドのものとか、話題性のあるものというような品物が選ばれますが、これらはよく考えてみると、贈る側、そして提供する企業の都合が優先したものになりがちです。
もう少し彫り下げて考えれば、もらった方のことを考えた、もらった方の使い勝手が良いを優先したものが選定されるはずで、それこそ顧客志向となるし、販促品の本来の意味があるというものです。
そのポイントで考えた場合、配慮したいことの一つに、来社した人あるいは来場した人に使っていただくということを表に出すか、来てくださった方の職場で使っていただくかで、選定に大きな違いが出るということです。
一般的には、高価なものは個人でいただくというわけにはいなかいでしょうから、コストで考えれば、高いものは個人向けには適していないことになります。
これらを意識して、職場に置いていただくことを狙うか、個人で使っていただくか、その場合もお家で使うものにするか、遊びに使ってもらうものにするか、仕事のときに使ってもらうかなどで、その狙いを鮮明にすると品物が生きてきます。
もちろん、忘れてはならないのは、商品やサービスの販売促進のためですから、その関連性は前提となります。

広告としての販促品の重要点

現在は団体名企業の広告として一般的となっている販促品。
日常的に使用してもらえるものに団体名、企業名などをプリントし、アピールすることで存在を意識してもらい、最終的に集客につなげるという方法ですが、この販促品で最も重要なことは何でしょう。
それは日常的に使用できるもので、ふとしたときに目に留まるものだということです。
その良い例がキーホルダーやストラップ、マグカップなどです。
日常で使用できますし、なんとなく目に入る、といったポジションの雑貨のため、団体、企業の広告やロゴをアピールするにはうってつけのものです。
その他にもTシャツやタオルなどの衣類もありますが、サイズもコンパクトで制作費も抑えられるとなると、やはり前述のようなものが有効でしょう。
ポケットティッシュなどの消耗品もよく配布されていますがそれよりも日常的にずっと使えるものが広告媒体としてはとても有効的です。
現在では多くの業者が販促品の制作や配布を請け負っています。
まだ起業して間がなく、企業のロゴがない場合はそういったデザインも請け負ってくれる業者もあります。
これから販促品で団体、企業のアピールを検討しているのであれば予算や制作費用をしっかりと検討し、制作業者へ依頼するとよいでしょう。

ノベルティの名入れに関する情報サイト

ノベルティに名入れしたサンプル品も制作可能なので、安心して注文できます。

ノベルティの名入れを相談