販促品を作るときの注意点

販促品を作るときの注意点ささやかなお菓子を使った販促品は、顧客の側でも遠慮なく手にとってもらえるメリットがあります。個包装されたパッケージに名入れができることもありますし、棒付きの飴など比較的大きな物の場合は、写真やイラストをプリントでき、会社の印象を強められることもあります。
お菓子を販促品として使う場合には、賞味期限に十分注意をしてください。早めに発注して、配る時に期間が切れていたり、期限が迫っている時には安全面でも心配になりますし、もらった顧客からの印象も悪くなります。かえって評価を落とすことのないようにしましょう。
また、販促品に飴を使う場合は、高温の場所に長時間置いておくと溶けてしまう恐れがあります。夏場に野外のイベントで配ったり、顧客のポストに書類を配るために同封したりするのは避けるようにしましょう。味も落ちてしまいますし、得意先の手を汚してしまうことも考えられます。直射日光が当たらない所で、室内でも高温になりにくい場所で配るようにするといいでしょう。

販促品の賞味期限を上手に管理する方法

販促品の賞味期限を上手に管理する方法 会社やお店の場合では、顧客に向けて販促品を配布するようなシーンがあります。会社の知名度をアップさせたり、販売している商品やサービスなどをアピールする際に用いられるものですが、数多く利用できる販促品の中には食品類を利用されることもあります。
食品の場合では非常に喜ばれるアイテムとして利用することができ、捨てられてしまうことが少ないものになるので、メリットの大きなアイテムになります。しかし、食品類の場合では賞味期限が付けられていることが一般的なので、廃棄してしまうことが無いように上手く管理を行う必要があります。
その方法に関しては、販促品のロット数を把握した上で、常に必要な分だけ購入することが基本です。新しく購入したものでも古いものから配布することを徹底することでも管理を行うことができます。
常に賞味期限をチェックしながら配布予定数と比較して発注する方法で、賞味期限切れを起こしてしまうことなく、販促品を無駄にせずに上手く活用できます。