販促品やPOP広告などで商品をPR

販促品やPOP広告などで商品をPR 商品の認知を高めるための販売促進戦略にも様々な方法があります。
新商品を開発した企業などが仕掛ける物として、販促品を配布するという方法があります。
販促品は商品の認知を高めるために配布される物です。
一方商品購入者に景品として提供する場合は、プレミアムと呼ばれ販促品とは区別されます。
企業が自社や商品の宣伝を目的に無料配布する記念品などは特にノベルティと呼ばれ、販促のほかコレクション要素を加えることで新たな価値を生み出しています。
一方POP広告とは、小売店などで商品の情報や宣伝文句などを手書きの文字・イラストで表示する物です。
商品の値段表示や宣伝のほか、手書きによるデザインにこだわることで店の雰囲気を作り上げる効果もあります。
書店などでは、店員が独自の手書き書評を書棚に添えることで店舗の独自性を演出している様子はよく知られています。
POPには独自の検定資格なども用意されており、通信講座などでも学習することが可能です。

DMに載せる販促品にはひと工夫を

販売を拡大するためには、来店を促すためにDMを使います。
このDMのチラシには、販売促進のプレゼントつまりは来店を誘導するための販促品を載せるのが一般です。
この販促品をどのようなものにするか鍵です。
この商品は、できる限り消耗品で食料品のほうがいいです。
こんなものをプレゼントしても意味がないように思われまるかもしれませんが、たしかにそのプレゼントのみを受け取りの来店する人もいますが、すべての来客がそういうわけではなく、ともかく来店してもらうことを動機づけることが大切です。
こうしたDMのチラシの食料品系の販売促進のプレゼントに興味も持ち交換にくるのは、たいてい主婦です。
つまり家庭における購買のキーは主婦が握っているのは明白で、来店機会が得られれば、そこに購買の機会が見いだせます。
ですので販促品は、できる限り主婦層が必要ではあるが、買うのは少し手控えているそれほど高価でない食料品などを検討したほうがいいです。