販促品はターゲットの見極めが大切です

商品やサービスのPRをするために、販促品を製作するならターゲットをしっかりと見極めましょう。
想定する商品やサービスのターゲットとズレた販促品を製作すると、受け取っても喜んでもらえません。
女性向けの商品で男性向けを作ったり、若い世代に向けたサービスで中高年に喜ばれる販促品を渡しても、親しみを持てないのは当然です。
せっかく製作しても使われることなく捨てられるので、まずは商品やサービスをPRしたい相手に合わせることを考えましょう。
ターゲットを見極めPRする商品やサービスと一致しているなら、受け取った相手に喜んでもらえます。
普段から販促品を使ってもらえる可能性も増え、その商品やサービスに親しみを持つようになり、店頭で購入したり積極的に利用するようにもなります。製作するときには、デザインや使いやすいかばかり考えがちです。
しかし、PRする相手に合わせて製作することも、販促の効果を上げるためには重要です。

普段使いできる販促品の活用術

普段使いできる販促品の活用術 販促などでお店から貰う販促品。さまざまなアイテムがありますが中にはもらっても少し困ってしまうようなものもあります。
例えばお店の名前が入ったバッグなどはなかなか普段使いするというわけにもいきませんが、そういった販促品でも使い方を考えれば上手く活用する事が出来ます。
先ほどの名前入りのバッグであれば、収納袋としてよく使うものなどをまとめて入れておけば便利ですし、緊急の持ち出し袋などにも活用できます。
また出張や外泊が多い場合などはあらかじめ車に洗面用具や着替えなどを入れておく袋としても活用する事が可能です。
小さめのポーチなどであれば普段使いしているバッグの中にティッシュなどの日用品を入れておくと取り出しやすくなり便利です。
ボールペンは普段家で使う用や電話している時のメモ書きとして電話機のそばに置いておくのも良いですし、メモ帳なども同様の使い方が出来ます。
せっかくもらったものですからそのまま使わないでおいておくのももったいないですし、活用できるものは上手い使い方を考えてみましょう。